紙巻の本数を減らす禁煙

紙巻やパイプなど様々な種類が存在する喫煙という行為は、大人の嗜みとして長年親しまれています。
しかし、近年時代の変化に伴い、喫煙者に浴びせられる視線は厳しいものになっています。
そこで、本数を減らしたり禁煙をすることが好ましいのですが、突然禁煙をスタートした場合、身体に対してあらゆる症状が起こります。
中でも深刻なのは、禁断症状についてです。
予め禁断症状について理解を深めておくと安心できます。
そもそも、長年喫煙をし続けてきた人は、ニコチン依存症という病気になっています。
人間というのは、煙草を吸うことにより、体内にニコチンを摂取した場合、脳内にドーパミンと呼ばれる物質が放たれます。
ドーパミンにより、再び煙草を吸いたいという気持ちが高まるので、喫煙習慣が完成してしまうのです。
少しでも本数を減らしたり、我慢するようになると、口寂しさを覚えます。
煙草を吸うということが、生活の一部になっている場合、食後などに無意識のうちに吸うようになります。
生じるニコチン依存症は、個人差が大きいというのも特徴の一つです。
当然、依存度が低ければ低いほど禁煙に成功できる確立が高まりますが、症状が人一倍強く出る場合はとても苦しい症状に見舞われることになります。
あまりにも辛いため、どれほど意志が強い人でも耐えられずに吸ってしまうということがあるほどです。
ただし、永遠と離脱症状が継続するわけではありません。
ピークは、禁煙開始後2日から3日程度です。
その後は緩やかに症状が弱くなるので、ピーク時にどういった方法で我慢するかがポイントになります。
様々な症状が見受けられますが、最も多い症状として、イライラした気持ちが抑えられないことがあります。

ページトップへ