禁煙席を用意しているお店のグルメが記憶に残る理由

喫煙はすでに周知のことではありますが、タバコを吸っている本人だけではなくその周りの人にまで迷惑をかけてしまうというものになります。そのこともあってか、飲食店などでは喫煙席、禁煙席などの区別がつけられタバコを吸う人は周りに迷惑をかけないように吸うというのが最近ではマナーになってきています。特にレストランでは最近禁煙席を増やし、喫煙席を減らしているというようなお店もあります。これにはどのような意図があるのでしょうか。タバコを吸っている人が近くでご飯を食べていると、吸っていない人の中にはすればその煙がこっちに来ないか心配で料理を心から楽しめないという人もいるのです。こうなってしまうと、せっかくのグルメもその客の記憶には残らず、タバコ臭かったということだけが記憶に残ってしまうのです。これでは、いくら美味しい料理を出してもお客さんの記憶には残らないでしょう。よって、喫煙席と禁煙席で席を分けるという方法以外に喫煙席すらも撤廃してしまうというような対策をとっているレストランが最近増えているのです。こうすることによって、子連れのお客さんでも安心して来店が可能になりますし、子どもがいないというような人でもタバコを吸わない人であれば受動喫煙のリスクを下げることができるようになります。この受動喫煙はタバコを吸っていないというような人でもタバコを吸っている人の近くにいることで肺がんなどになってしまう確率が上がるとても怖いものです。そのほかにも運動機能の低下など、禁煙者であるにもかかわらず、喫煙者と同じような症状が出てしまうのが特徴です。もし思い当たるようなことがあったら、なるべくレストランでも喫煙席から離れたところに座ることをおすすめします。もしよかったら、是非参考にしてみてください。

ページトップへ